マン・オブ・スティール製作までの過程

映画製作までの道のり

こうしたスーパーマンにしろ、バットマンにしろ、アメリカ人にとっては親しまれている往年の作品の製作にアメリカを問わず、日本でも作品のファン達は新作の公開に関しては目がない。とはいうがこうした作品の続編ないし、番外編にしても何人もの俳優達がスーパーマンやバットマンを演じていますが、中には俳優さんによってあの作品の方が良かったという人も多いでしょう。その他にも様々な理由から新作映画を再開するための口実を見つけるということでは、中々難しいのかもしれない。実際にこのスーパーマンシリーズの映画を再び始めるということをどう思うか、コミックライターを始めとした業界関係者に意見を求めたのが2008年6月のことだった。その後各関係者は映画化に関しては筋書きというものをしっかりと行なった作品であれば、後悔に関してはさほど問題にするようなことでもないという、極めてこう意見でまとめられていた。その後ワーナー社長の『ジェフ・ラビノフ』がシリーズをリブートを示唆したのが同年8月、2010年、または2011年に新作を公開する計画があるとの発表を行ない、これまでに公開されたスーパーマンとは違う、全く新しい作品の企画を構想中であるとのことまで発表を行なうのであった。その後作者の一人である『ジェリー・シーゲル』の遺族に対して、スーパーマンの創造の権利とシーゲルの著作権を認める判決が下る。さらに裁判所はワーナーがこれまでに公開された映画のロイヤリティ料を支払っていないとして、2011年までにスーパーマンの映画を製作開始できない場合、シーゲルとシャスターの遺族は損害賠償請求を行なえるとの判決を下すのであった。スーパーマンの続編を作るためには、関連性を持っているバットマンが鍵とされており、いかにしてスーパーマンの世界観を現代に溶け込ませるかというべきかというのが専門家達の一つの議論となった。こうした意見に対して感銘を受けたノーランはス他事にアイデアを売り込み始めて、『ダークナイト』の商業・批評的成功を受けて、スタジオはノーランを製作者に、脚本家として『デヴィッド・S・ゴイヤー』を雇って製作の第一歩を踏み出すのであった。

その後ワーナーブラザーズ・ピクチャーズ・グループのロビノフ社長は雑誌の取材の中で『映画がとのように進んでいくかトーンが設定してある。それは間違いなく第一歩である』と、DCコミック映画の計画について述べている。計画そのもののほかにはスーパーヒーローへの言及もあり、更なるDCユニバースの可能性についても語っている。その後様々な大物監督に対してやってみないかと声を掛けることになるが中々決まる気配がなかったとき、2010年10月に『ザック・スナイダー』が監督として決定するのであった。キャスティングに関しても同年11月に開始され、監督は映画の中でブースター・ゴールドとバットマンを参照して、DCシネマティック・ユニバースの可能性を示すのであった。

批評家の反応

様々な意見が生じている中で公開された作品に対して観覧した人々たちからは、およそ半分ほどの支持を集めることに成功し『スーパーマンが大作ブロックバスター映画として復活するために紆余曲折はあったものの、本作はそのために必要なアクション、及びスペクタクルを提供したことで、スクリーンへの復活に関してはほぼ復活したことになるのであった。』と、綺麗にまとめられるのであった。しかし『シカゴ・サンタイムイズ』のリチャード・ローパーは『スーパーマン映画としては新しい部分が何もなく、ユーモアや楽しみのほとんどない』として、酷評の意見を出しています。その他にも様々な批評家たちからの作品についての酷評を聞く形になってしまったが、それは同時にスーパーマンという作品がそれほどまでにアメリカ国内で考えても影響力のある、人気作品ということを証明することになっていた。内容自体には賛否両論巻き起こっていたが、出演しているケビン・コスナーを始めとした俳優達の演技、それからアクションシーンに関しては好評価を得ることになった。

続編について

監督のザックと脚本のゴイヤーは今作品の続編においても続投が既に公開時から決定しており、ゴイヤー自身もスーパーマンが登場する『ジャスティス・リーグ』の映画などを含めた計三本の契約を既に済ませていた。クリストファー・ノーランも同様に、本作より小さな役割であったものの、再びプロデューサーとして務めることも同時の報告がされているのであった。続編となっている『ウォール・ストリート・ジャーナル』は2014年の公開が予定となっている。

その後映画続編の中で、コミックの中で共演していることがあったものの、これまでの映画史の中では存在しなかったバットマンとスーパーマンとの共演が実現することにもなると明かしたのだった。その時の脚本に関しては上述の二人が共同で原案を書いて、それを元にした内容をゴイヤーが脚本として形にするといわれています。主役級のキャストも続編でそのまま続投することも決定しており、今後も俳優達にとっては忙しい毎日を過ごすことになるのであった。続編のタイトルに関してはどちらのヒーローを前にしたタイトルにするか現在検討中とのことで、撮影開始となる2014年までには決定すると発表している。その際のバットマン役には『ベン・アフレック』がキャスティングされており、アメリカ公開日として2015年7月17日となることも報じられています。